スタートアップハブ コワーキング利用

スタートアップハブ 起業相談予約

あなたの想い、今こそ世界を変える力にしよう。- JICAスタートハブ in 名古屋開催!

2024.05.21イベント

JICA BLUEは、2024年6月1日〜2日に名古屋の「なごのキャンパス」でスタートアップハブをオープンします。このイベントでは、JICA海外協力隊経験者や一般の方を対象に、多彩なプログラムを用意しています。新しい出会いや学びの場となるこの交流会に、ぜひご参加ください!

<イベント詳細>

1. トークセッション

両日トークセッションを開催!

トークテーマは「自分の決断を正解にするー協力隊OVが起業にチャレンジした理由ー」
◉ 6月1日(土)13:00-14:00 
むかし田舎体験 水車むら 代表 保志 弘幸氏

◉ 6月2日(日)11:00-12:00
株式会社東美濃ビアワークス 代表取締役社長 東 恵理子氏 

スタートアップハブ 交流会では、中部地方にお住まいの協力隊経験者をゲストにお招きしトークイベントを開催します。

起業ってハードルが高い?どんな背景から起業を決断したのか、起業してよかったことや乗り越えた壁、これから取り組んで行きたいことなどここでしか聞けないお話をしていただきます。

2. 起業相談ブース(事前予約制)

   – 起業に関する具体的な悩みや疑問を相談できるブースを設置。JICA海外協力隊経験者の方々が対象となりますが、具体的なプランがなくても大丈夫。イベントでは初回のヒアリングをさせていただき、後日専門のアドバイザーと面談いただきます。あなたの夢やアイデアを実現する方法を見つけましょう。

3. 交流イベント

   – 参加者同士のネットワーキングを目的としたワークショップを開催。興味のあるテーマや社会問題、協力隊経験を通じた現在地について、1分間PRなどを通じて多くの人と交流しましょう。どなたでも参加可能です。

4. 展示・上映ブース

   – JICA海外協力隊を経て起業した方々のポスター展示やスペシャル動画コンテンツの上映を行います。10名の起業家OVの活動を紹介し、起業のヒントを提供します。また、JICA海外協力隊のブースも設置され、JICAに関する疑問に担当者が答えます。

 スケジュール

– 日時:6月1日(土)10:00〜18:00、6月2日(日)10:00〜17:00

– 場所:なごのキャンパス

– 住所:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2-14-1

– アクセス:JR/名鉄/地下鉄東山線・桜通線「名古屋駅」桜通口より徒歩8分

登壇者プロフィール

東 恵理子氏

– 株式会社東美濃ビアワークス代表取締役社長

– 青年海外協力隊 H25年度3次隊 コミュニティ開発・バングラデシュ派遣

北海道大学卒業後、北海道テレビ放送(HTB)で記者・ディレクターとして活躍。その後、青年海外協力隊に参加し、バングラデシュでコミュニティラジオ隊員として活動。帰国後は広告代理店で地方創生プロジェクトに携わり、2020年に故郷でカマドブリュワリーを設立。クラフトビールを通して地域の魅力を発信する一方、移住推進や空き家活用にも取り組んでいます。

 イベントの魅力ポイント

1. 独自の体験談:ここでしか聞けない協力隊経験者の起業ストーリー。

2. キャリア相談:起業相談ブースでの専門的なアドバイス。

3. ネットワーキング:新しい出会いと交流の機会。

4. 誰でも参加可能:JICA海外協力隊経験者に限らず、一般の方も大歓迎。

 お問い合わせ

詳細やお問い合わせは、BLUE事務局までご連絡ください。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております!

海外協力隊OVに
起業という選択を